新築注文住宅の土地と建築会社の選び方

新築注文住宅を建てる際には、まずは土地選びをする必要がありますが、近年毎年自然災害が日本でも増加していますので地盤がしっかりしていてあまり低くない土地を探すのがお勧めです。そのエリアの、ハザードマップを見れば水害の危険性が高い土地がわかりますので、最低限ハザードマップで危険性が指摘されている土地は避けるようにしましょう。

建築会社選びは、すでに決まっている場合を除いては色々と見比べて探すことになりますがそのエリアで評判の良い建築会社を選ぶのが重要です。建築会社の評判については、ある程度はネットで知ることができます。

建築会社とは建てるだけでなく、建てた後からもお付き合いは続きます。そのため、アフターフォローのきちんとできる建築会社を選ぶことが需要です。むしろ、建築会社を先に決めて一緒に土地を探してもらうくらいでもよいでしょう。

我が家は、親の土地をもらって地元の工務店で自宅を建てたのですが、数年前にできたハザードマップでは水害の危険エリアに指定されてしまいました。今のところ幸い何の害もありませんが、毎年台風で河川の増水があり裏にある川がいつ氾濫するかわからない状況です。

そういうことの無いように、ある程度はその土地に精通している建築会社に依頼をすると、地盤などにも詳しいですし多くの住宅を建てていればそれを見学させてもらうこともできます。新築注文住宅は、建売に比べると費用がかかりそうなイメージですが建築会社によってはコストカットをすることも可能です。

狭かったり個性的な形の土地を生かして建築できる建築会社もありますので、費用対効果が良いと評判の建築会社を選んでプランニングをするのがお勧めです。

土地を購入すると固定資産税の支払いが発生しますので、住宅を建てるのが決まってから購入してあまり必要以上に大きすぎない土地を購入するのがポイントです。我が家は木造のツーバイフォー工法にしたため東日本大震災では北関東でしたが無傷でした。

災害に強い家、という意味では注文住宅なら耐震性能にこだわれるのである程度の安心感は得られます。