私が購入したのは、土地から建築会社に依頼して注文住宅でした。

土地付き建売住宅を選ばなかった理由を上げていきます。

地元の建築会社が建売には多いように思います。

建築会社にもよりますが、土地にあったものを設計しているところもあれば、規格にある案で建てているところもありました。

どちらも無難に設計されていて、建築会社の仕様があり、価格も安く土地付きなのでお得な感じです。

隣の土地など含めて、住んでしまえば建築会社のノウハウ動線など安心感はあります。

しかし、床や屋根裏を見ると、建築会社によっては断熱材がなかったりするところもありました。

また、トイレやお風呂などは一見新品ですが、建築会社によってはそうでないものも使われていたり、見れば見るひど不信感でした。

そこで、土地から購入し、建築会社に注文することを決めました。

しかし、かなりめんどくさい。

土地の活用や間取りを希望に合わせて打ち合わせをしていきます。

打ち合わせの中で、あっさりと決まったものとそうでないところがあります。

土地の形から外構なども色々あるので、何が良いのかは住んだあとに、リフォームするくらいでないとなかなか難しいです。

そして、実際は悩んだところほど、時間のムダで、シンプルで良かったと住んでみて思いました。

幸い、多くの家を見ていたので、間取り的には無難なものが出来上がってはいます。

しかし、あったら良いなと思った棚はなくても良かったし、コンセントやスイッチの場所は、無難にある程度の数をつけておけばよかったと後悔もありました。

実際は、思ってたことと違う使い方をしたりと、住んでみないとわからないことは多かったです。

それらを踏まえて、建築会社の建売は無難にしているので、気に入った建築会社の建売などの間取りをそのまま使い、自分たち仕様に少し変更するくらいがベストかと思います。

土地の活用は、建てる位置や高さ駐車場などの考慮が必要です。

決めていくときは、それら全てに頭が回らないので、住んでみてこの土地ならこうだったな。というのも多くあるので、最初に決めて、あとから家を育てるつもりでいることをおすすめします。